【日本在住フランス人に聞いた!】知っておきたいフランスの文化 ~留学、長期滞在、移住、短期滞在・旅行の参考に~

世界は広く、本当に様々な文化があります。私達にとっての常識が、海外の人にとっては非常識で、その逆のケースもたくさんあります。そうした文化の違いを知ることで、ものごとの本質に触れられることもあるでしょう。私達のメディアのコンセプトでもある「世界人になろう!」においては、たくさんの文化を知ることも非常に重要です。

 

そこで、本記事ではフランスの文化について、「日本在住のフランス人」にインタビューし、徹底解説します。文化を知ること自体楽しいものですが、文化を知ることは移住はもちろん、留学、長期滞在から旅行にまで活かすことができるはずです。是非、参考にしてみてください。

プロフィール

Julian ジュリアン(ニース出身)

世界中を旅した後に、新しい文化や人、新しいものに触れるために日本に来日。フィットネスジムのマネージャー、バーテンダーなど、多様な職業を経験した、異色の英語講師。

フランスってどんな国? 日本からのイメージ

さて、まずはフランスという国について、イメージをまとめておきましょう。グルメ、歴史、ファッション、バカンス…皆さんはフランスと聞いて、どんなイメージを持ちますか?

フランスは西ヨーロッパに位置し、地中海リゾートあり、中世の街並みあり、大自然ありと、世界でも有数の魅力的な国となっています。中でも首都である「パリ」は、世界中の人が憧れる都市ではないでしょうか。

一方で、パリジェンヌは気取っているのでは? 少し敷居が高いのでは?、などといったイメージもあると思います。では、実際のところはどうでしょうか? 次項では、フランスに行くこと、フランスで暮らすメリットについて掘り下げてみます。

フランスで暮らす/フランスに行くメリットについて

●メリット1:気候がいい

冬も寒すぎず、夏も暑すぎず、年間を通じて気温や降水量も安定しており、湿度も低めのため、とても過ごしやすいのが特徴です。南仏のリゾート地は、更に過ごしやすく、バカンスに最適です。

 

●メリット2:他のヨーロッパの国々への旅行がし易い

フランスは西ヨーロッパの中心に位置し、イギリス、スペイン、イタリア、ポルトガル、ギリシャなどなど、近隣の魅力的な国々へのアクセスが非常に良く、1~2時間で訪れることができます。平日に仕事をし、週末はヨーロッパ旅行を満喫! なども可能です。

 

●メリット3:意外と滞在費/生活費が安い

東京に比べ、家賃や食料品が安く、意外にも生活費は安くすみます。物件もゆったりしていたり、中にはお城などといった変わった物件もあるので楽しいです。食材も農業が盛んなので、新鮮な野菜が安く食べられます。

さて、リサーチすると以上のようなことがわかりますが、実際の文化・考え方はどういったものなのでしょうか。そこで、日本在住のフランス人に話を聞いてみました。これだけは知っておきたいフランスの文化について、歴史、コミュニケーション、プレゼント、食文化といったキーワードでインタビューしています。是非、参考にしてみてください。

【日本在住フランス人に聞いた!】知っておきたいフランス生活のリアル ~留学、長期滞在、移住、短期滞在・旅行の参考に~

知っておきたいフランスの文化(歴史)

日本人にあまり知られていないフランスの歴史はある?

これはほとんどの人が知らないと思うんだけど、大昔(1000年以上前)はフランス語がイギリスの正式な言語だったんだ。そしてヨーロッパでもほとんどの国で話されていた言語だったんだよ。今では英語になってしまったけどね。

 

次が面白いんだけど、1910年にある法律ができたんだ。それは、カップルが電車のホームでキスをすることを禁止する法律なんだ。昔はたくさんの男性が兵隊になるために列車で軍隊に向かったんだけど、その時にカップルが離れたくなくてずっとキスをしていたんだって。そうすると列車が遅延してしまうし、駅のホームは大渋滞するしで、大変だったからこの法律を作ったらしいんだ。驚くことに、これはいまだにフランスの法律として存在しているんだ! でも今は誰も守っていないよ。笑

最後に、世界にはかつてフランス領だった国がたくさんあるんだ。南アメリカやアジアにもたくさんの島があって。特にアフリカにはフランス領だった国が多かったんだけど、多くの国はすでに独立しているんだよ。北アフリカ(セネガル、アルジェリア、チュニジア、マリ)はほとんどが元々フランス領で、これらの国ではフランス語が公用語として使われているんだ。

知っておきたいフランスの文化(コミュニケーション)

日本人にびっくりされた習慣はある?

フランス人が挨拶する時は、必ず両方の頬にキスをするということ。これは女性同士、男性同士、異性同士に限らず誰とでもする挨拶なんだ。コロナ禍ではこの挨拶の機会は減ったけど、いまだにやる人の方が多いと思うよ。

あと、友達とご飯を一緒に食べる時、レストランやバーに行って外食するというよりも、家に友達を招いてホームパーティーをするのが一般的なんだ。だいたい3〜4時間くらいなんだけど、コース料理みたいな感じで、サラダや前菜、メインディッシュ、チーズ、デザートなんかを用意して、お酒を飲みながら、ご飯を楽しむ感じかな。

これはフランスでは普通なんだけど、食前と食後はスピリッツを飲むんだ。消化を助けるためにね。もちろん食事中はワインを飲むんだけどね。だいたい赤ワインを1本、白ワインを1本、デザートにはシャンパンを1本って感じ。レストランやバーで外食する時はビールを飲むこともあるけど、どちらかというとワインの方が好んで飲まれるかな。

最後に、これは習慣というか、ジンクスや迷信みたいなもんなんだけど、食事で出てくるパン・バゲットを裏返しにすると、”Bad Luck”っていう意味になっちゃうんだ。もしこれを家族の前で故意じゃなくてもやると、「何してんの!」みたいな感じで怒られて元に戻されるんだよ。

もしフランスに行った時にはこれを覚えておいてね。絶対にやらない方がいいから!日本だとご飯にお箸を刺すのは縁起が悪いんだよね?それと一緒の感じだよ。これはたぶん宗教と深く関係があるんだけど、パンはキリスト教にとってとても重要なものだから、そこからきているんだと思う。

―日本に来てびっくりしたコミュニケーションはある?

まず最初は、家族だったり、彼氏・彼女だったり、近しい関係の人に対して電話を全然しないということ。日本だと地下鉄とか電車に乗ってる時は電話をすることはマナー違反だったりするよね? でもフランスだと、電車だろうがどこだろうが構わず電話をしているんだよ。この違いにはちょっと驚いたかな。

 

これはコミュニケーションとはちょっと違うかもしれないけど、日本人はどこでもしっかり列を作るよね。フランスではありえないことだよ。笑 電車のホームでさえ列に並ばないし、電車が到着したらみんなが一斉にドアに詰め寄るから、時には電車から降りられない時さえあるんだ。

次に、日本人はあんまり目を合わせて話をしないよね。フランス人は基本的に目を合わせて話をするし、視線を外すと逆に失礼だと思われちゃうから、もしフランスに行く機会がある人は気をつけた方がいいかな。

 

あと、日本人は仕事終わりによく上司と飲みに行くことがあるよね。これはフランスでは絶対に起こらないことだよ。なんでかって言うと、もし僕が飲みすぎて酔っ払ってるところを上司に見られたら、これはとってもよくないことなんだ。その後から上司の対応が変わってしまうと思うよ。

 

最後に、日本人は頷くことが本当に多いよね。これにはとっても驚いたよ。フランスでは誰も頷くことをしないからさ。

知っておきたいフランスの文化(プレゼント)

フランスでは、友人・家族にどのようなプレゼントをあげる?

花を贈るのが一般的かな。お母さんや家族、友達でも。あとはチョコレートやワイン、スイーツなんかも。日本のお年玉のようにお金をあげるってことはあんまりないね。

知っておきたいフランスの文化(食文化)

日本人にびっくりされたフランスの食事はある?

一つ目はエスカルゴかな。これはめちゃくちゃ有名という訳ではないし、フランス人全員が日常的に食べるって訳ではないけど、観光でフランスに来た人は必ずトライしてるかな。次はカエルの脚。これも現地人が食べるというよりは観光客用かな。伝統的なフランス料理レストランに行けば食べることができるから是非トライしてみてほしいな。味はほとんどチキンウィングスみたいな感じだし、食べ方もほとんど同じ。

 

あとは何と言ってもチーズだね。フランスにはとってもたくさんの種類のチーズがあるんだ。中にはとってもクレイジーなものもね。普通に売っているんだけど、すでにほとんど腐ってるんだよ。僕は食べたことないんだけど、匂いも味もめちゃくちゃ強烈で、好きな人は好きだけど、嫌いな人は匂いすら受け付けない感じらしいよ。もし興味があれば試してみて感想を聞かせてほしいな。

―日本とは違うフランスでの買い物の仕方はある?

フランス人はアウトドアマーケットに行くのが大好きで、例えば毎週金曜日とか土曜日とかにマーケットに行って、オーガニックの野菜やフルーツなんかを買うんだ。これはフランス人にとってかなり一般的なことだよ。スーパーマーケットにも行くけど、アウトドアマーケットに行った方がより新鮮なものが買えるんだ。野菜やフルーツ以外にも、ドライミートやチーズ、その土地の特産品、化粧品やハンドクラフトのものまで、アウトドアマーケットに行けばほとんどのものは揃うんだよ。

 

あとは、野菜もフルーツも肉も魚介もkg単位で買うということ。どこに行ってもスケールがあって、そこで必要な分を測って買うんだ。

最後に、フランスにはベーカリーがめちゃくちゃ多い! 1ブロックに2〜3つ、場所にはもっと多くのベーカリーがあるんだよ。パンはフランス人の主食だからね。日本人にとってのコメみたいなもんだよ。どのベーカリーでも大体10〜15種類くらいのパンがあるんだ。日本でフランスパンと呼ばれているものはフランスではバゲットって呼ばれているんだ。これは日本のものと比べるともっと柔らかいんだよ。食事の時には料理のソースにディップして食べるのが一般的だね。

フランスで、記念日に食べる食事はある?

とってもユニークなキリスト教の習慣なんだけど、毎週金曜日のランチは必ず魚を食べるんだ。子供も大人もみんな。学校の給食も毎週金曜日は必ず魚料理なんだよ。

 

あと、フランス人はどんなお祝い事でも、シャンパンを必ず飲むんだ。新しい仕事が見つかった時とか、結婚した時、何か良いことがあった時なんかね。これはフランスではとっても一般的なことだと思うよ。

―フランスで、お袋の味と言えば?

僕にとってはラザニアかな。お母さんが作ってくれるラザニアがとっても美味しくて大好きなんだ。あとはラグーかな。ゆっくり調理された食事で、ragougeと言うんだよ。

まとめ

いかがでしたでしょうか? フランスの文化を知ると、見えていなかった自分たちの文化にも気付かされますね!

 このように、異文化を知ることは、人生の幅を広げてくれます。その点、「英語」を学ぶことは、異文化を知ることを容易にしてくれるでしょう。ワンコイングリッシュでは、日本在住のフランス人が英語だけでなく文化などについても教えてくれます。他の先生や生徒とコミュニケーションが取れるイベントも盛りだくさんで、フランスの文化を知ろうとしている方におすすめの英会話学校です。

体験レッスンも受付中ですので、是非活用をご検討ください。

この記事を書いた世界人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です