知ると楽しい「外国人」の視点! 急成長するフィリピン・インドネシアから見た「日本」とは?

みなさん、こんにちは!

シリーズでお届けしている『知ると楽しい「外国人」の視点!』、今回は急成長するASEANの2つの国フィリピン・インドネシアの方々の視点を紹介します。

これからの世界はますますボーダーレスになっていくはず。そうした中で、より世界を楽しむためには、観光ガイドには載っていないような「より深い世界」を知ることが必要でしょう。

本記事では、世界を知るための一つの方法として、日本在住の外国人の方にインタビューを実施、日本との文化の違いや共通点など、外国人から見た「日本」について紹介します。

この記事を読めば、より深く「フィリピン・インドネシア」について、そして「世界から見た日本」について、知ることができます。

フィリピン・インドネシアで友人を作りたい方はもちろん、フィリピン・インドネシアへの旅行や留学、移住を考えている方などにも参考になる情報です。是非、ご覧いただき、みなさまの生活に活かしてください!

プロフィール

Arisa アリサ(フィリピン出身)

フィリピンと日本のハーフで日本文化が大好きなArisaですが、現在は日本語を猛勉強中!まじめで働き者で、工場やアパレルショップなど様々な環境で働き、母国フィリピンの家族を支えています。

Ed エド(インドネシア出身)

高校時代に来日したEd。東南アジアの文化、歴史、芸術、食などに興味があり、現在は大学でアジア文学を学んでいます。メタルの音楽を愛していて、ライブやフェスに数多く参戦しています。

|フィリピン・インドネシアから見た日本の素晴らしいこと

食べ物のクオリティの高さと便利さが素晴らしい!

(Arisa)
日本人はとても礼儀正しくてとても素敵です。私はそれが本当に好きです。そして、とても規律があるので、すべてがきれいで整理されています。また、日本ではどんな料理にも野菜が入っていてすべて健康的ですよね。私は野菜が嫌いだったんですが、日本で野菜の食べ方を学びました。笑

(Ed)
そうそう、日本は食べものが素晴らしいですよね。日本食は世界中で人気があると思います。寿司、すき焼き、牛丼など。実はインドネシアでは私の家から車で5分くらい行ったところに大きなイオンモールがあって、そこのフードコートでも日本食が食べられるんです。

また、自動販売機やコンビニなどの数と手軽さに驚きました。日本にはたくさんありますよね? どこにでもあります。ローソンのすぐ隣にセブンイレブンがあったり、同じブロックにセブンイレブンが2つあったり。それはかなりクレイジーだと思います。笑

コンビニでアルコールが売っていることにも驚きました。インドネシアではそれは許可されていません。しかし、日本ではどこでもお酒が買えますよね。

きれいな国、日本。そのトイレにフィリピン人は驚く

(Arisa)

フィリピンでは、日本はきれいな国だと思われています。特にマニラは、日本に比べてそれほどきれいではありません。ですから、フィリピンの人々はここ日本での清潔さを賞賛しています。

そして日本の技術、特にトイレ! 初めてビデを使った時はびっくりしました。とってもハイテクですし、フィリピンにはそのような技術はありません。なので日本のトイレには本当に驚きました。

フィリピンではトイレットペーパーを自分で持っていく必要があります。また、フィリピンではトイレ代を払わなければなりません。日本はどこの公衆トイレも無料で入れるからとても良いですよね。

「電車」があるのは当たり前?

(Arisa)

また、「電車」も驚きましたね。フィリピンの交通手段はたくさんありますが、電車はありません。代表的なもので言うと、バスやジプニーが一般的ですね。その他にも、トライセクル、サイドカー、ペディキャブがあります。

私にとって、簡単に電車でどこにでも移動できることはとても素晴らしいと思いました。特にSuicaやPASMOは本当にすごいですよね。電車だけでなくコンビニエンスストアでもどこでも使えるから。

アニメ、ファッション、音楽...インドネシアの若者を虜にする文化

(Ed)

アニメも素晴らしい。小学生の頃は誰もが本当にナルト好きだったことを覚えています。子供たちは毎日忍者のように走っていましたよ。笑

そして最近では、インドネシアの若者は日本のファッションアイテムが本当に好きみたいです。インドネシアの若者が日本に旅行するときは、いつも原宿や下北沢に行って人気のある古着屋に行きます。

また、私は音楽が大好きで、日本の音楽文化は本当に面白いと思います。よく新宿や浅草にライブを見に行くんですが、日本のバンドマンは音楽に非常に情熱を注いでいると思います。

浅草ではデスメタルのライブがたくさん開催されているんですよ。毎年大きなメタルのフェスも浅草で行われていて、ヨーロッパやインドネシアのような海外からのバンドも来ているんです。

|ここが変だよ日本人! 改善してほしいことは?

良いことの反面、メンタルヘルスと柔軟さが改善ポイント?

(Arisa)
メンタルヘルスの問題に関しては、日本は改善が必要だと思います。多くの人がそれについて話さないことを私は知っています。日本だけでなく他の国々もそうかもしれませんが、日本人はすべて自分の中に留めてしまっていて、あまり周りと共有していないと思います。それに関しては絶対に改善すべきです。

(Ed)
時間を厳守することは良いことです。日本文化において非常に重要だと思います。人々は時間通りにいることにとても気を配っていますね。

実は私の国にはあるフレーズがあります。それは「日本人はスチール製の時計を持っているけど、インドネシア人はとても柔軟なゴム製の時計を持っている」というフレーズです。インドネシアでは、時間厳守=30分前後くらいを意味しています。笑 

もちろん時間を守るという点はとても良いことだと思います。その反面、そうしたきっちりとした考え方が時々「官僚的」であるというマイナス面を生んでいるとも思います。

私が言いたいのは、例えばスマートフォンを購入したい時に、漢字でたくさんの申込書に記入しなければならないことがありますが、私たちのような外国人にとって漢字は非常に難しいので、とても大変です。でも、ルールですから、守らなくちゃいけないですよね。これはゴム製の時計の考え方で、改善してほしいと思っていますね。

|世界に誇れる日本のこと

大切にされてきた「歴史」や「伝統」

(Arisa)
日本は文化や伝統をとても大切にしていると思います。だから、日本の伝統は世界から見て非常にユニークであり、今でも高く評価されています。そして日本人はこれらの伝統的な行事や芸能を今でも行っていますよね。私はそのアイデアが本当に好きで、そこが日本のユニークなポイントだと思います。

(Ed)
そうそう。実は私も同じで、実は日本の歴史の大ファンなんです。日本の歴史についてもっと学びたいと思ってるんですが、京都や鎌倉のような都市に行くと、歴史的な建物などがまだ残っていますよね。これらは本当にクールだと思います。

東京でもまだ歌舞伎などを見ることができます。本当にカッコいいと思っています。日本が伝統的なアイデンティティを維持する方法は他の国にはマネできないと思います。

 

|まとめ

いかがでしたでしょうか? 

フィリピンやインドネシアから見ると、日本人が日常で当たり前のように触れているものが素晴らしいことだと改めて気付かされます。

そして、世界の中で異質なものなども浮き彫りになったのではないでしょうか? 

世界を楽しむためには、もっともっとこういうことを知っていく必要があります。
そして、こういう方とコミュニケーションを取れるだけで、視野は大きく広がります。この「視野の広さ」こそ、これからの世界を楽しむためには重要なものとなります。

そのためには、「英語」が強力な武器になります。
ワンコイングリッシュでは、気軽に安く英語が学べるだけでなく、様々な国籍の講師が揃っており、フィリピンやインドネシアをはじめとした他国の文化などについても教えてくれます。他の先生や生徒とコミュニケーションが取れるイベントも盛りだくさんです。

体験レッスンも受付中ですので、是非活用をご検討ください。

▼▼この記事の動画を見る▼▼

この記事を書いた世界人

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です